せをはやみ

「sewohayami」

 

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

     われても末に 逢はむとぞ思ふ

                 崇徳院

 

川の瀬の流れが速く、岩にせき止められて2つに分かれているけれど、

  その流れが、また1つに合わさる様に

今は離れていても

  いつかきっと、再会すると思い望んでいます